日常生活の悩みということでは、夫婦関係の悩みがいちばん多いようで、幸せになれるだろうと結婚してみたら、価値観が違っていて、理想と現実のギャップで悩むということが多いようで

持たない生活ですっきり

日常生活での夫婦の悩み

持たない生活ですっきり 日常生活の悩みということでは、夫婦関係の悩みがいちばん多いようで、幸せになれるだろうと結婚してみたら、価値観が違っていて、理想と現実のギャップで悩むということが多いようです。その場合には、自分のために、すべて相手が動いてくれて、自分の理想通りの相手になってくれる、あるいは理想の相手だと考えていたのに、実際は自己中心的であったなどの現実が見えてしまうということで悩んでしまうのかもしれません。ほかにもいろいろありますが、自分の考えていた相手ではなかったということのようです。

あとは、現実はそんなものだと妥協するか、我慢できないので離婚をする、別れるとかに選択になります。しかし、その時に子供がいたりすると、子供をひとりで育てられないということなどで離婚できないので、そのまま我慢するという話も聞きます。子供のために考え直すということでは、子はかすがいということで、家庭崩壊を子供が助けたということにもなります。

一緒に生活するということでは、親子だと血がつながっているということですが、夫婦は全くの他人が一緒に生活をするので、どうしても理想と現実のギャップはあります。以前も恋愛結婚と見合い結婚では見合い結婚の方が上手くいくと言われていました。恋愛結婚は相手を理想化して結婚しますが、見合い結婚では相手に期待をしていないので、上手くいくという場合が多いということでした。そのあたりがノウハウかもしれません。