寝るときに使う道具として枕があります。

持たない生活ですっきり

夏にそば殻の枕を使うと涼しい生活が可能

持たない生活ですっきり 寝るときに使う道具として枕があります。昔は高さの高い枕が一般的とされていました。さらに陶器でできた枕が使われることもありました。現在主流なのはクッション状のタイプです。中に入っているのは綿のような柔らかい素材です。頭を置くと頭の重さで沈み込むことがあります。その他低反発タイプのものが使われることもあるようです。

枕によって心地よい睡眠が妨げられることがあるようです。やわらかいといいように感じますが、あまり柔らかすぎるのも良くないとされます。高さも重要で、あまり高くてもいけません。低反発タイプは一見頭にフィットするのでよさそうに感じますが、フィットしすぎて風通しの面では良くないとされています。生活に良いタイプを選ぶとよいでしょう。

昔から使われている素材として注目されるのがそば殻です。一粒一粒は少し固いですが、それが大量に入っているので頭を置いても痛さなどは感じません。粒が固いのでそれぞれの間に隙間ができます。隙間があると風通しが良くなります。夏にそば殻の枕を使うと頭が蒸れないので快適に寝ることができるとされています。そば殻に似た効果としてパイプを細かく切ったものを入れることもあります。こちらも風通しが良くなります。