体の中で歯は重要な部分の一つです。

持たない生活ですっきり

歯磨きをするときに歯間ブラシを使う生活をする

持たない生活ですっきり 体の中で歯は重要な部分の一つです。骨の一部のようですが、骨のように再生してくれるわけではありません。永久歯が抜けてしまうと生えてこなくなるのでできるだけ大事にしておきたいです。日ごろからできることとしては歯磨きがあります。食後や起床後、就寝前などに行うとよいとされています。しかし通常の歯磨きだけではきちんと磨けていないことがあります。

歯は一本一本が独立して生えています。そして隣の歯の間に隙間があります。この隙間に食べ物のかすやその他のものが残りやすくなります。平面的な歯ブラシで磨いても隙間にはなかなか入れることができない場合があります。生活の中では歯間ブラシと呼ばれるものを使うとよいようです。歯磨きや歯ブラシと同じところに売られています。

タイプは2種類あり金属に小さい毛がつけられているものとゴムでできたものがあります。金属の物は洗って何度も使えます。これを歯の間に入れて何度かこするときれいに汚れを取ることができます。よく言われるのは歯磨きの後にすることです。できれば前にした方が良いでしょう。きれいに歯の間の汚れを取ってからそのあとに歯磨き粉などを浸透させた方が歯磨き粉などの影響を与えることができます。