夜に寝るときには布団を使います。

持たない生活ですっきり

布団での生活が暑いならござなどを活用する

持たない生活ですっきり 夜に寝るときには布団を使います。布団には敷布団と掛け布団があります。敷布団は床などに敷いてその上に体を置きます。程よいクッションが体をサポートしてくれます。固い板の上に直接寝ると起きた時に痛く感じることがありますが、布団の上ならそれはありません。掛布団は熱をキープしてくれます。真冬の寒いときでも布団さえあれば何とか寝ることができます。

夏になると非常に暑くなります。クーラーをつけることがありますが寝るときのクーラーは体を冷やしすぎることがあります。できれば自然な状態で寝る生活をすることを心がけたいです。しかし布団の上に直接寝るとどうしても暑さを感じることがあります。空気の熱が布団にも伝わることがあり、寝ているときには人の熱をどんどん吸収してしまいます。

この時に使うとよいのがござと呼ばれる道具です。畳の上に敷いたり、フローリングの上に敷いたりします。これ自体はあまり分厚くありませんからクッション性などはありません。でも編み込んで作られているので風通しは良くなります。これを布団の上に敷いて寝てみましょう。間に入れることで風通しが良くなります。布団に密着をしないのでべたつき感もなく快適に寝ることができます。